ホーム > ブログ > スタッフブログ

スタッフブログ

2010年1月

B級ライセンス(ハードワーク編)

 さて、前回の記事ではB級ライセンスの楽しい一面をご紹介したわけだが・・・。真面目にやってきた部分も紹介しておかなければ。

 

 1月14日のお昼に集合した我々受講生は、ガイダンスの直後さっそくグラウンドにて実技となった・・・。全員を2チームに分け、それぞれにインストラクターが指導するかたちで行われた。このチーム分けは6月に行われた前期と同じなので、気心の知れたメンバーで特徴もわかっていたのでやりやすかった。それに、やはりサッカーをプレーすること自体が楽しいことであるので本当に楽しめた。

 でもここで大事なのは楽しむためにも一生懸命プレーしなければならないということ。ただ楽しめばいいからと手を抜いて取り組んでも本当の意味で楽しむことはできない。何事にも全力で、ということはこれからも忘れたくないテーマである。

 幸い、まだまだ動ける部類なのでそれはもう(必要以上に?)動きまくった。ここだけの話、最後は足が攣りそうだった・・・(汗)

 

 初日から自分のことで精いっぱいで、もう一つのチームの状況まではわからなかったのだが・・・。その日の夜に聞いた話では相当キツかったらしい。誰かが言っていた。「まるでこのチームで天皇杯出場を目指すかのようにハードだった・・・」

 どうやら"指導者養成講習会の実技"ではなく、もはや"チームのトレーニング"と化しているようだった。まぁこのことは前期の実技からも十分予想はできることだったのだが・・・ブランクって怖いなと思った。2日目の実技は覚悟して臨んだ。

 

 迎えた2日目。おいしいおいしい朝食を食べ1時間の講義(座学)を受けた後、いよいよ実技が始まった。

 予想はしていたものの、やはりハード・・・。そして前日からの疲労、筋肉痛・・・。みんな身体が重い。しかしそれでもやるしかない。いや、やらなければならないのだ!この選手(みんな指導者だけど)をその気にさせるコーチ(インストラクター)の威厳や雰囲気。非常に勉強になった。

 結局2日目は実技が3コマ、講義が2コマ。朝から晩までみっちりだった。

 

 温泉→風呂上がりにマッサージチェアというゴールデンコンボで疲れた身体を癒し、無事に2日目も終了した。明日はいよいよ指導実践。実際にコーチとなりみんなを指導する講習会の目玉。この出来が悪ければ合格はできない。緊張して眠れ・・・なくはなかった。

 

 次回、波乱の指導実践編!

CIMG2958.JPG

まっちゃん

B級ライセンス(エンジョイ編)

B級ライセンス(エンジョイ編)

 1月14日~1月19日の5泊6日、御殿場の時の栖にてB級ライセンスの後期が行われた。チームを離れることで迷惑をかけることとなったが、自らのスキルアップそして将来の神大サッカー部のため・・・という大義名分で参加させてもらった。

 

 正直、B級の後期が楽しみで仕方なかった。それは指導者としてのスキルアップが図れるからではなく、サッカーを通じ出会った仲間との再会が楽しみだった。

 この第11コースにはいろんな人たちがいた。元JリーガーをはじめJクラブの下部組織(育成や普及)で働く人、地域クラブの指導者、学校の先生、スポーツ店の店長・・・。年齢層も幅広く、バラエティーに富んでいたが、みんな面白い人たちで、本当にいい人たちだった。一気にみんなのことが好きになった。

 振り返れば半年前の6月。前期初日の全日程が終わった後だった。ある部屋に続々とみんなが集まり始め、気がつくとほぼ全員(!)が缶ビールを片手に語り合っていた。まさにコミュニケーションならぬ"飲みニケーション"。楽しかったぁ。この一件で一気に結束の強まった我々は、翌朝のインストラクターからの「うるさい。夜中に騒ぐな。」との忠告にもめげず(?)毎晩親睦を深めていったのだった。

 

 そんな6月に行われた前期から半年ぶりの再会を果たした面々は、やっぱりあのみんなだった。1人体調不良で離脱してしまったのが残念だったが、それ以外はみんな元気そうだったし後期から新たに加わった人も3人いた。中には元日本代表で、現在もバリバリ現役でプレーされている選手もおり、後期が楽しみになった。インストラクターの方が1人女子代表チームの関係で代わられていたが、不安はなかった。

 でも、実際のところ後期からこの第11コースに混ざるのは大変だったと思う。知らない人たちの中で受け入れてもらえるか不安なはず・・・。

 しかし!それすらもお構いなしなのがこの第11コース♪受講者はもちろんインストラクターの方まで巻き込んで楽しくやってしまった(苦笑)。例外なく毎晩缶ビールをケース買いし、勉強会と称した飲みニケーション。その日の実技で怒られたことや前期の思い出話で大笑いしながら。そこですごいのはなんだかんだで全員が顔を出すこと。若いヤツも中堅もベテランも、唯一の女性の方も。しまいにはインストラクターと補助学生も呼んできてみんなで。みんなで踊ったナンバラバンバンバンは最っ高だった!

 

 ・・・ここまで楽しかった思い出を一気に並べたら、真面目に講習受けてきたのか!?と言われても仕方ないような気がしてきた・・・(汗)。いや、実際やるときはやる精神でやっていたから大丈夫なはずだが・・・。とにかくこの続きは次回に。

 

まっちゃん

1