ホーム > チーム情報 > チームインフォメーション一覧 > 佐々木翔、三原向平のJリーグ入団発表が行われました

チーム情報コンテンツへッダ

チームインフォメーション一覧

チームインフォメーション一覧へ

2012年1月11日佐々木翔、三原向平のJリーグ入団発表が行われました

2012年1月10日、横浜キャンパスにおいて、佐々木翔(ヴァンフォーレ甲府入団)、三原向平(湘南ベルマーレ入団)のJリーグ入団発表および、調印式が行われました。

神奈川大学公式サイト
http://www.kanagawa-u.ac.jp/campuslife/activities/performance/report/2012/01/003754/

nyudankaiken01.jpg
中島三千男学長、佐々木翔、森淳氏(ヴァンフォーレ甲府)、木村哲昌監督

sasa.jpg■プロフィール
佐々木 翔(ささき・しょう)
人間科学部人間科学科4年 [城山高等学校出身]
1989年10月2日生まれ(22歳)
ポジション MF
身長/体重 175㎝/67㎏
血液型 O型
経歴 横浜F・マリノスプライマリー→横浜F・マリノスジュニアユース→城山高校




以下は会見でのコメントです

●木村哲昌監督
「佐々木の特長は、関東大学リーグで『4年間最多出場選手』と表彰されたように、1年生のときから大きなケガもなく、身体的にもメンタル的にも強い選手だということです。
本職であるサイドバックとしてスカウトして大学に入り、1、2年生のときは、左サイドバックで関東リーグに出ていました。3年生のときからはチーム事情もあり、ボランチやサイドハーフ。選抜ではセンターバックを任されたりと、ディフェンスを主としたオールラウンドな選手です。
4年次には、Jリーグクラブから特別指定選手の打診もあったのですが、サッカー部の主将として『大学に専念したい』という本人の希望もありお断りしました。とてもキャプテンシーのある選手で、1年間チームを引っ張ってくれました。結果的には9位という成績でしたが、彼の気持ちの強さだったりリーダーシップというのは大学でもトップクラスだと思います」

●森淳氏(株式会社ヴァンフォーレ山梨スポーツクラブ強化育成部スカウト担当)
「私が佐々木選手を初めて見たのが大学1年生のときでした。まだそのときは『若いな』というプレーをしていました。大学4年生と1年生の大きな違いは身体の強さであって、それは大人と子どもの差があります。それにも関わらず当時の佐々木選手は、4年生相手に当たり負けせず、ボールを奪って前につなげているなという印象を抱きました。
その後しばらく見る機会がなく、久しぶりに見た試合では中盤でプレーしていたのですが、そのときに『周りがよく見えてるな』と思いました。
大学4年のときに直接本人と話すまで、ずっと彼は左利きだと思っていたのですが、実は右利きだと知りました。大学リーグの試合を見ている中で、左足のキックの精度がものすごく高くて、もちろん右足もきちんと蹴れる。ボールを持ち替えずに、素直に見えた方向にキレイにボールがつながるというプレーをボランチで見させてもらいました。その辺から私にとっては興味のある存在になりました。
クラブの方にも大学3年のころに『こんな選手がいます』と伝え、GMの佐久間も『これは素晴らしい』ということで木村監督にお話しさせて頂きました。佐々木選手が選抜に選出されたりと、なかなか練習参加をする機会をつくれなかったのですが、昨年一度来てもらったときに社長の海野に会っていただきました。そのときに社長も『あいつはいい男だ』と、顔だけではなくプレーもいいということで『ぜひ、あいつを呼んでこい』となりました。
チームの編成上、色々なポジションをやることになると思います。色々なポジションができるということは、色々な人、色々なクラブからのニーズが生まれてるので、まずはうちで活躍していただいて、海外なり国内のビッククラブなりに行けるように育っていってもらいたいですし、またその素材がある選手だと思っております。
また、クラブからは背番号は"6"と聞いております。新入団の選手は20番台などの大きな番号を背負ってスタートし、段々と数を減らし11番の中に割って入っていくのが普通だと思います。ですので、6番からのスタートは、クラブの期待の表れです。ぜひ彼には頑張ってもらって、1年でJ1に復帰したいと思います」

●佐々木翔
「ヴァンフォーレ甲府に入団することになりました佐々木翔です。僕は神奈川大学に入学してから、監督、コーチ、選手、スタッフとたくさんの方にお世話になりました。ヴァンフォーレ甲府でプレーをさせていただく上で、感謝を忘れずに、僕の力を100%の力を出し切ってチームを1年でJ1に昇格させたいです。そして、開幕スタメンというのが今の僕の目標です。これからしっかり準備をして頑張っていきたいと思います。応援よろしくお願いします」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

nyudankaiken02.jpg
大倉智氏、眞壁潔社長(ともに湘南ベルマーレ)、三原向平、中島三千男、木村哲昌監督

sasa.jpg■プロフィール
三原 向平(みはら・こうへい)
人間科学部人間科学科4年 [尽誠学園高等学校出身]
1989年12月8日生まれ(22歳)
ポジション DF
身長/体重 167㎝/63㎏
血液型 O型
経歴 丸亀FC→丸亀東中学校→尽誠学園高校





以下は会見でのコメントです

●木村哲昌監督
「三原を最初に見たのが高校3年のときに練習参加に来たときでした。そのときに、FC東京との練習試合があり、彼も試合に出場しました。香川から関東に出てきて、プロと試合をすると彼にとっては初めてのことだったと思うのですが、後半から出場してチーム唯一の得点を挙げました。その試合を大森監督(当時)と見ていて『三原は何か"持っている"んじゃないか』ということで、入学の後押しになりました。
1、2年のときはなかなか試合に出場する機会はありませんでしたが、瞬発力のあるスピードや左足のセンタリングは魅力でした。もともとFWの選手でしたが、左のサイドバックのポジションを与えてからは、攻撃力のあるディフェンダーとして頭角を現し、3年からレギュラーに定着しました。2011シーズンは前期は足のケガで出場することできませんでしたが、後期からほぼ全試合に出場しチームに貢献してくれました。
大学3年のときに『プロを目指したい』と僕のところに相談にきました。そのときぐらいから、サッカーに取り組む姿勢だったり、サッカー以外の栄養管理やオフの過ごし方に気を遣うようになり、メンタルの部分も着実に成長しているなと感じました。まだまだ伸びしろのある選手なので、プロに行っても活躍できると思っています」

●三原向平
「この度、湘南ベルマーレに入団することになりました三原向平です。湘南ベルマーレは歴史のあるチームですので、それに恥じぬプレーをして、1年でJ1に昇格できるように頑張っていきたいです。
佐々木選手とは神奈川大学のセレクションのときに左サイドで組んで、大学4年の最後も一緒に組んでいたので、彼のプレーはよくわかっています。なので、Jリーグで対戦することがあれば、彼の長所を消すようなプレーで、ヴァンフォーレさんには絶対に勝ちたいです」