ホーム > チーム情報 > チームインフォメーション一覧 > 鈴木将也(4年)水戸ホーリーホック入団会見が行われました※コメント掲載

チーム情報コンテンツへッダ

チームインフォメーション一覧

チームインフォメーション一覧へ

2011年1月13日鈴木将也(4年)水戸ホーリーホック入団会見が行われました※コメント掲載

2011年1月13日、横浜キャンパスにおいて、鈴木将也(4年)の水戸ホーリーホック(J2)入団発表が行われました。

神奈川大学公式ホームページ


masaya-j6.jpg
■プロフィール
鈴木 将也(すずき まさや)
人間科学部人間科学科4年 [神奈川県立逗葉高等学校出身]
1988年5月9日生まれ(22歳)
ポジション MF
身長/体重 177㎝/72㎏
血液型 O型
経歴 初声Jr.→横須賀シーガルズジュニアユース→逗葉高校





以下は会見でのコメントです

●中島三千男(神奈川大学学長)
「大学生の就職内定率が5、6割という就職戦線が厳しい中、自分の好きなことにトライできるのは素晴らしいことです。もちろん厳しい面もあるとは思いますが、頑張ってもらいたい。
サッカー部は神奈川大学体育会で最も古い部のひとつです。1929年、横浜専門学校になったときからですので、82年の歴史を持っております。その中でも近年、大森前監督が就任されてから急激にチーム力を上げてきまして、2007年に関東リーグ2部で優勝しまして、08年から現在に至るまで1部で活躍しております。
神奈川大学のように体育大学ではない大学で、チーム力をキープするのは中々難しいことであります。1部に上がってもすぐに降格してしまうというのが、神奈川大学のクラブの宿命なのかなと思っておりましたが、サッカー部は3年連続1部で活躍していることは大変喜ばしい。その中でも、短い期間に6人のJリーガーを輩出してことは、大学としても非常に嬉しいことです。鈴木くんのこれからの活躍を非常に楽しみにしております」

●大森酉三郎(神奈川大学体育会サッカー部チームマネージャー)
「私と彼の出会いを話させていただきたいと思います。
彼と最初に会ったのは、彼の母校である逗葉高校のグラウンドでした。私がそのグラウンドにいたのは、彼が目当てではなかったのですが、その試合を見ている中、非常にボディーバランスが優れていて技術も高かったので『誰なのあの子?』と一目に目につきました。それでもまだ足りない部分もたくさんあったのですが、もしかしたらこの技術は磨かれたらおもしろいものになるのかなと思い、本学に入学していただきました。
持ち前の技術はずっと優れたのもはあったのですが、彼の課題であった運動量とかを地道な努力で身に付けていきました。4年生のときには、木村監督の下、攻守に渡る運動量を確保し、なおかつアシスト(リーグ5位)という技術が噛み合ってきました。
水戸ホーリーホックのスカウトも、彼を見に来たのではなく、他の選手を見に来ていたのですが、彼はやはり動きもいいし技術も備わっているということで内定をいただくことができました。そういうわけで、彼は二度も他の人に救われたということですね(笑)
それでも彼の優れた技術はプロでも即戦力になると思っております。体力についても、かなりついてきましたので、この二つを武器にしていってほしいです。あと今年から、水戸の監督に日本を代表する闘将・柱谷哲二さんが就任しました。柱谷さんは闘うことで有名なので、そのハートを彼自身の中で消化できれば、過去神大からプロに行った5人よりも活躍できるのではないかと、密かに期待しております」

●萩原武久氏(水戸ホーリーホック取締役 強化・育成部長)からのコメント
「このたび、貴大学出身の鈴木将也選手を水戸ホーリーホックのプロサッカー選手として迎え入れる訳ですが、オファーを出すにあたっての最大のポイントは、攻撃においても、守備でもひたむきに動き続ける精神(こころ)の強さを評価しました。
現代の世界のサッカーは、速攻も遅攻もない極めて速いテンポでゲームが展開されていますが、Jリーグはややもすると、そのようなサッカーからかけ離れた存在になりつつあります。
新生水戸ホーリーホックは、柱谷新監督を迎え、ワールドスタンダードを合言葉に「水戸からJリーグとサッカー界を変えよう」と新チームの構成に入りました。
鈴木将也君にはこのチームのレギュラーに定着して、将来の水戸を背負って立ち、水戸といえば鈴木将也だと言われるような選手になってほしいと切に願っています。
戦いの火蓋は切られています。
頑張れ鈴木将也。」

●鈴木将也
「こんにちは。水戸ホーリーホックに入団が決まった鈴木将也です。
今年の抱負は、一日でも早く試合に出て、自分の持っている技術やハードワークというものを必死に出していきたいです。そして結果にこだわって、水戸ホーリーホックの勝利に貢献したいと思っております。みなさん応援よろしくお願いします」

■会見の様子
緊張の面持ちで抱負を語ります
masaya-j2.jpg
左から中島三千男学長、鈴木将也、大森酉三郎TM

関係者との集合写真
masaya-j3.jpg
中島三千男学長、松澤慶和、佐々木次郎、木村哲昌、松永道敬、鈴木将也、山下昭子(人間科学部学部長)、佐藤武(サッカー部部長)、大森酉三郎TM

水戸ホーリーホック様からお借りしたフラッグの前で
masaya-j5.jpg
今後は神奈川大学改め、水戸ホーリーホックの16番・鈴木将也をよろしくお願いします。